駐車場や庭

一戸建てと空

新築を購入する方法として人気のある方法が注文住宅です。
デザインや間取りなど住む人に合わせて設計することができることから人気の建築方法です。
注文といってもその程度や内容は業者によって大きく異なります。
どの業者を選ぶかによって大きく家の完成形は変わるのです。
そもそも家の設計は建築士の資格を持っていなくても行うことは可能です。
業者の中には営業担当など他の業務を行っている人が設計を行っているという業者もあります。
もちろんそれらの図面を実際に家が建築されるまでには建築士の資格を持った人が責任を持って強度などの計算が行われます。
そういった法律に基づいて最終的な図面は完成されますが、注文住宅といっても建築士が設計してくれるとは限らないのです。

会社によっては設計の大まかなベースが存在します。
ハウスメーカーなど大手の会社になればほとんどの場合こういったベースがあるのです。
ベースを作ることで商品の品質を一定に保つためにも必要なのです。
とはいえベースは決まっていても細かい間取りや仕様は決めることができます。
その細かい間取りを指定できるので注文という文言が使用されています。
一方建築士事務所では最初から建築士や専門の人がデザインに携わって設計をしてくれます。
ですから建築士事務所で建てた住宅はとても独創的なものが多いのです。
また、一度に一人が抱えるクライアントの数もこういったところの方が少ない傾向にありより多い回数、多い時間打ち合わせを行うことができるのです。